Entries

判明・全国の伊達巻の味

全国の伊達巻の味付けが気になるといっていたら、いろいろと教えてくれる人がいました。
結論・関西も伊達巻は甘いそうです。
ウチの出汁巻き伊達巻は全国的に希少だということですね(^^;

おそらく、伊達巻は文化的に甘くする理由があるんじゃないかと思っていいましたが、起源そのものにヒントがあったみたいです。
その説によると、元は長崎の卓袱料理だそうです。(しっぽく・りょうり、と読む。内容的には中国料理と、和の文化の融合したような趣のコース料理・・・と私は感じた)
文化文政の頃に江戸に伝わって「伊達巻」と呼ばれるようになり、それまでは「カスティラかまぼこ」と呼ばれていたんだとか(^^;
「おせち」を作るようになったのも江戸時代からといいますから、ちょうど時期的には合うわけですね。

本来は甘いものと判っても、家庭で作るぶんには、出汁巻きのほうが簡単です。理由は、砂糖が入ると焦げやすいから。精進料理なんかでも、本来砂糖を使うことを禁止していながらも、こげ色をつけるために砂糖を使ったりするくらいです。それだけ砂糖は焦げやすいってことなんでしょう。
私は実家の母がはんぺんを使って簡単に作っていたものだから、それを真似して作っていますが、本来はエビを使ったりするみたいです。
ヤマイモとかを入れても良さそうな気がするんですけどね。

お正月そうそう、いろいろと勉強をさせてもらいました。情報をくださった方に感謝!です(^^)/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/234-df87a573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本