Entries

世界三大ファンタジー

ナルニアの映画は封切りから人気上々だそうです。ハリーポッターの映画が面白かったと言う人が多いくらいだから、ナルニアもそう思う人がいるのでしょう。私の知人たちのなかで「読書家」だと思う人は皆、かなり辛口の評価しかしていませんけどね。
そんな中、とある新聞の評論にナルニアが「世界三大ファンタジーの一つ」という記述があったそうです。

その世界三大ファンタジーに挙げられたのが、「指輪物語」「ナルニア国物語」そして「ハリーポッター」・・・・(--;
なんでここにハリポタが並ぶのかファンタジーマニアとしては納得いきません。

もし、私が選ぶとしたらたぶん「はてしない物語」を入れます。
ゲド戦記もいいんですが、あれは割と人間の成長に比重が置かれているようにも思えたのでエンデのほうが良いかな、と。
ミヒャエル・エンデの作品は他にも「モモ」が映画化されていますが、私としては「剣と魔法、ドラゴン」がないと三大ファンタジーには入れたくないような気がします。

興業的に成功した「ハリーポッター」を入れたい気持ちは判るんですけどね。
「三大ファンタジー」と呼べるかどうかは、とても疑問に思いました。

今日は地元の公民館に行って本を返してきましたが、相変わらずつまらない本ばかりが並んでました。選書する人とはとことん趣味が合わないみたいです(--;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/265-820916af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本