Entries

北海道の人口対策

景気低迷が続いている北海道は、少子化対策も進まないようで街自体を小さくしていく方針だそうです。主な人口は札幌のほか数箇所の大きな都市に集中して、それ以外の土地は過疎化が進む予測で町づくりを考えているようです。

石狩市も札幌に隣接しているとはいえ、おそらく(すでに?)人口減の地域になると思います。
市のHPでは棒グラフや線グラフでの人口の推移がわかるものがないため、どの程度の増減があるのか判りませんでした。

・・・月ごとの地域のプラマイはあるのですが、推移については自分でグラフでも作成しないと判らないようです。(←もちろんそんな面倒なことはしない人)
これぐらいならエクセルで管理していればボタンひとつでグラフが作成できそうだと思うんですけどね(・・?

北海道のある市では、人口よりも牛の数のほうが多いと思われる土地の話ですが、永住するなら土地をあげる、という過疎化対策を始めたそうです。
サラリーマンは確実に住めませんが、「北の国から」みたいなものに憧れる、ほぼ収入ゼロでも、自給自足のような田舎暮らしをしたいという人には魅力ある話かもしれません。

地方の過疎化については、ある地方の国会議員さんが、答弁で東京への一極集中について質問していました。
雪国は大変で、雪かきをできない老人世帯のために市がそれを代行しているので財政が苦しいとか。また過疎化が進んでいるから地方の人口が増えないと税収も増えない、とかかんとか。

この答弁で首相・大臣の答えは、その土地がとてもすばらしい所で、団塊世代が老後住みたがるような理想の場所だということを言ってました。そして、これから人口が増える望みがあるという話で終わってました。
・・・これってつまり、さらに老人が増えるってことなわけですよね?
その国会議員さんは人口が増えるという希望に納得していましたが、老人を誘致してなんの得があるのか私にはよく判りませんでした。

石狩市でさえ、老人世帯の多い土地との合併は医療費負担が若い世代が支えるという反対も強くありました。
でも、市のHPを見るかぎりでは、老後の移住を推進しているみたいです。このあたりの考え方の相違はどこの市にもあるみたいです。
若い世代を増やしたいのであれば、まず産業ありき、と思うのですが、モノ作りの文化が育っていない土地にはそれも難しいみたいです。
土地だけあげても、人は住みつかない。大きな産業を誘致できない市は過疎化が進む運命なんだと思います。

だれか、老人世帯を誘致するメリットについて、何のプラスになるのか教えて欲しいです。私にはよく判りません(--;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/266-a3bd6a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本