Entries

圧力鍋選び

最近あちこちのブログにご無沙汰していた原因が解消されました。
とうとう圧力鍋3つ目を購入です。(一つ目はIH対応のものではないのでオークションで処分した)
今回購入にあたって、各社の圧力表示を同一単位に換算してみるという作業を、KAZにお願いしました。
メーカーによっていろんな単位で表されているので、この換算は私にはできませんでした(--;
私が今使っているものは、換算してみたら案外悪いものでもなくて、どうやらシリコンのパッキンの劣化によるのではないか、という想像が当たってたみたいです。
さっそくパッキンを取り寄せることにしました。
値段もまぁ、初代の理研の圧力鍋に比べれば格安ではあったものの、今はいろいろ安いものも出ているのでそんなものだったかも・・・と思ってます。
毎日のように使っているのに、安物、安物、と連呼してごめんね。

今回買ったものは、圧力値が先日書いたマクサスの廉価版「魔法の1分調理鍋」にはやや劣るものの、ティファールのクリプソベーシックフィスラ-ロイヤルよりはるかに良いのに、不思議なくらい安いものでした。
構造としてはワンダーシェフのロタに近いもので、底が張り合わせなんですが、それにしてもこんな圧力値がだせるのかと思うほど。(貼り底のものは一体のものに比べて熱伝導、保温性が劣るらしい)
圧力鍋なんかは、良いものを買うと一生ものだと思っていますが、それはパッキンなんかを後から交換できるからだと思ってます。
三流メーカーだとこういうアフターが判らないのでパッキンがだめになったらおしまいだと思っておいたほうがよいと思います。
ま、今回のは日本のメーカーのものなので、なんとかなるかもしれないし、と思ってだめもとで買ってしまいました。

とりあえず、今度のは圧力が二段に変えられるので、使い勝手が良さそうです。
圧力鍋は使い出すと便利で二つ目三つ目が欲しくなってしまいます。いずれ4つ目を買うかもしれませんね(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/494-8cbb03d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本