Entries

ふわふわパンとビーフジャーキーを作る

自家製ビーフジャーキーとふわふわパン
久しぶりにドライイーストを使ってパンを焼きました。今日のパンはダブルソフト風ふわふわパンです。
ある本を読んでいたら、卵白はパンを焼くのにあまりプラス面がないとのことだったので、卵黄だけ入れてみたら、かなり濃い黄色にやきあがりました。
これはこれでおいしそうです。

ビーフジャーキーは先日作ったのと同じですが、少し乾燥気味ぐらいに作ったほうがおいしいことが判りました。
買うのより確実に自分の好みの味が出せるんだとわかったので、ちょっと特した気分です♪
日本のメーカーのだと、妙に醤油の風味が強かったり、みりんの風味で甘かったりしますけど、塩胡椒と赤ワインで作ったのはかなりテングのビーフジャーキーに近くておいしいです。

まぁ、ビーフジャーキーを好んで食べる家でないと、このありがたみはないんでしょうけれど(^^;
独身の時は、旅行のお土産なんかでもらったビーフジャーキーを、どうやって料理に使うか頭をひねったものです・・・。
スポンサーサイト

コメント

[C443]

白身ないほうがいいのかしらん。
天ぷらでは、白身の膨らむ力を妨害する黄味が邪魔らしいですが。(某テレビ番組によると)
黄味好きだから、黄味オンリーパンは食欲をそそります。(^3^)/

ジャーキー・・・ダイエット食にもいいかも?お腹が膨れるなら。
噛む時間が長いからそのときは満腹感が出るけど、あとですぐにお腹がすいちゃう?(爆)

追伸:
お雛様カワイイ~。収納するのも簡単だし、虫もつかないし、毎年気軽に出し入れできますね。d(^-^)!
初雛祭り楽しんでくださいね♪


[C444]

パンに卵黄を使うことについては、辻調の本「パンコツの科学」にも載っていますよ。
これならどっかで目にすることもあるかも。

「卵白の熱変性」というのがあって、熱で凝固することからパンに使うと食感がパサパサになるんだとか。
逆にお菓子とかの場合は、卵白の気泡性と、この「熱変性」を利用して膨らんだものをそのまま固めますけどね。パンに関しては私もへぇ~でした。
確かに卵黄の固まりかたはゆで卵を見ると粉々としているのでなんとなく納得しましたけど・・・。
確かカロリー自体は卵黄は卵白の2倍ぐらいあったように思いますけどね。
アスリート(というかビルダー系の方)が卵白ばかり食べるのはそれも理由だとか。

ダイエットには、ビーフジャーキーよりスルメはいかが?
のんべぇに間違われるかもしれませんけど(^^;
ジャーキーも一緒かな。カロリーはそのほうが低そうだし、イカは目にも良いとか聞きますね。

[C445]

なるほど~~。勉強になりました。(o^ー')b

スルメ?自分で買ったことないけど、お手軽な袋入りで味が薄そうなのがあったら、今度買ってみま~す。=^ェ^=

[C446]

人に勧めておいてなんですけど、スルメってそうそう「食べたい」って思うものではないですね(^^;
もっとマシなものを言えばよかった。

そうそう、前に、こんにゃくチップスっていうのを食べたことがありますけど、あれはおいしかった。トウガラシとみりん、醤油で味付けしたような感じでしたけど。
今度あれを試して(作って)みようかなぁ~。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/544-b257637f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本