Entries

べこ餅を作る

べこ餅

和菓子はめったに作らないんですが、べこ餅を作ってみました。べこ餅は北海道のもち菓子で、私が好きな北海道の食べ物のひとつです(^^)
本来5月の子供の日に食べるものらしいのですが、初節句に何かお菓子を・・・と考えていたら
ひなあられはおいしくない→菱餅もたいして食べたくない→スーパーでピンク色に着色したかわいい和菓子を見かける→前に買ったべこもちの粉があったことを思い出す
といったことでべこ餅を作ることにしました(^^;

どんなものかというと、草もちってありますよね。
あれを作るときによもぎを入れずに、甘みを黒砂糖(なぜか沖縄の特産品を使う)と白砂糖で餅を作って、コントラストをつけたようなものです。
形は木の葉の形や放射状になったものなどが多いみたいです。
↓ショップで売っているところを探してみたら、草色のものもあるようですね

昨年、べこ餅の粉というのを見つけて買っておいたんですが、箱に記載されている作り方は二種類載っていたので簡単なほうで作ってみました。
蒸しあげた餅を型で抜いていくだけの作り方です。
雰囲気的には雪見大福の皮ような感じ。お店で売ってるやつはやわらかめに作った生地を蒸した後、型で抜いてさらに蒸しているので表面がつやつやしています。
これだと大きな蒸し器が必要になるので、今回は簡単な方でやってしまいましたが、いつかまた作ってみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

[C458]

べこ餅?はじめて聞きました。乳牛カラーの白黒で、べこ(牛)もちとか?

しかし・・・北海道のお菓子なのに、何故沖縄の特産品使用なんでしょうかねぇ。=^ェ^=
伝統菓子ではなく、わりと最近のものなのかしら。(笑)

[C461]

私も初めて見たときには、何だろ?と思ったので調べてみたら諸説あるらしく、牛の「べこ」から来ているというものもありました。
詳しくはここに書かれています↓
http://www17.ocn.ne.jp/~bekomoti/syohin.htm
一応、伝統的なものらしいんですが、北海道で流通している砂糖の原料はビーツ(砂糖大根)なので、黒砂糖は採れないはず。(伝統があるといっても、開拓の歴史のある街なので比較的新しいことは確かですけど)
値段もそのせいか、黒砂糖は関東と同じぐらいの価格です。
白砂糖は割と安くて、今日のチラシだと85円ぐらいから通常150円/1キロです。
なぜ黒砂糖なのか、とても疑問なんですよね(・・?
まぁ、おいしいので気に入ってますが。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/550-77f0b654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本