Entries

タロの心配事

ダルメシアンのタロはもうすぐ4ヶ月になります。
先住犬のももは、雑種だということもあって、丈夫だと安心して飼い始めました。実際、丈夫で4歳になりますが、病気ひとつしていません。
それでも仔犬のころは食が細くて心配したものです。

その心配すら必要のないタロは、健康優良児かと思っていたのですが、2回目のワクチンの接種を獣医さんで断られること二回目。
リンパ節が異常なくらい腫れているとのことです。
その獣医さんは近所では評判のよい動物病院なのですが、毎度1時間以上待たされます。予約をして行っても待たされますし、獣医さんたちの見分の相違があるのか、毎度言うことも違います。

ワクチン一つにしても、初めから9種がいいと言われたり、5種からがいいと言われたりします。
ももちゃんのシーズン中に、そのことを告げて「オスのワンちゃんのいない時間帯で」と予約しても、オス犬はいるし、やはり1時間待ちは当たり前です。(しかも翌年はシーズン中は注射は打てないと言われた(怒))
犬が待合室でどれだけ不安になるか、あまり考慮してくれません。

そんな病院ですから、あまり信用はしていません。
が、病院内での検査ではわからないとのことで、1時間40分待たされた挙句に血液検査の精密検査を薦められてしまいました。

白血病・血液ガン・感染症・・・・。
恐いことばかり聞かされて、もう今日は疲れました。
タロもまだ生後4ヶ月経っていない仔犬なのに、採血に4本も注射を打たれてちょっとかわいそうでした。
どこか良い動物病院はないものでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/70-1b0a255a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本