Entries

パンに浸る一日

今日は製パン用品を扱うお店のセールの日。あれこれ必要なものがあったので、行くことにしました。

以前、家から10分ぐらいの場所にあったとてもおいしいパン屋さんが、このお店の近所に引っ越してしまったとの情報を聞いていたので、立ち寄ってパンを購入してから行くことにしました。
というわけで、この画像はそのパン屋さんのパンです。

私のいつものブサイクなパンとは比較にならない、おいしそうな画像なので、はじめに書いておかないと、腕を上げたかと思われてしまいますね。(←ここまで差があったら普通、そうは思わないと思いますけどw)
ココペライのパン

はー、やっぱりプロの作るフランスパンは一味もふた味も違うんです。
クープもエッジの立った美しさ。そして、なんといっても軽さが違います。
ココペライのバタール

私、フランスパンを焼こうと思い始めたころは、クープが開くだけで充分って思って焼いてきました。それがやっぱりもうちょっと内層が納得いくように・・・・もうちょっとクラムとクラストのバランスが・・・・もうちょっと・・・もうちょっと・・・で今に至ってます(^^;
今は軽さを出せるようにしたいというのが一番のテーマ。
なかなか満足いくものは焼けませんけど、この「もうちょっと」を続けることが大事だと、自分を励ましています。
こういうパンを食べると、やっぱり無理かなぁ、っていつも思ってしまうんですけど。

時々自分を満足させないために、こういうパンを買いに行く私は、マゾっ気があるのかもしれません(笑)でも、おいしいパン、自分で作れるようになって食べたいものですから、そうそう満足したくないんですよね。

というわけで、これからもおいしいパンをいっぱい食べて、落ち込んで、おいしいパンを作れるようになりたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメント

[C797] No title

そうそう、そうなんだよね。
満足したら、そこで終わりのような気がして、満足してはいけないって思ってます。
そのためにも、いつも「どうして?なんで?」と自分を追い詰めておかないといけないという思いもあったりしてね。
でも、バタールの場合、無理に思わなくても十分疑問だらけで解決できないので(^^;)

私もクープに重点をおいてたから、私の研究タイトルは「バタールのクープを考える」なんだけど、このタイトルを変更しないといけないなって思ってます。
クープが1番じゃないよね。それにクープが開くのに刃をどう入れたら開くとかじゃない(もちろん要因ではあるけど)。それ以前に生地の状態を良い状態にもっていかないといけないでしょ。
それを見極める目をまだまだもててないの。
まだまだ道は長いです(^^;)

画像のパン、プロだから当然といえばそうなんだろうけど、帯もきれいに伸びてて、クープも薄く、エッジも見事に立ってて、きれいね。
味もすばらしいんだろうな~

先日行ったパン屋さんのクープが最悪だったんです。
開いてないし、エッジもない、伸びもみられない。信じられませんでした。
そんなパン屋さんもあったものだからこそ、プロの技を見せてもらえた感じがします。

見入っちゃうよね~

  • 2008-01-12 21:34
  • kojiko
  • URL
  • 編集

[C798] No title

>kojikoさん
満足するかどうかって、かなり重要なことだと思います。
自分が作ったものに満足できたら、すごく楽しいですよね。

でも、私は壁にぶつかることで、自分がまだまだ未熟だと感じるので、技術を習得できる喜びを感じてしまうんです(笑)
この探究心と夢中になったときの集中力は我ながらビョーキだと思いますけど、ほんとに楽しいんです(^^;

プロって、私が本業のほうでも感じることなんですけど、レベルの低いプロって案外多いものだと思います。
それで仕事にしてるのを恥ずかしいと思わないんだなー、なんて思うことも。
ここのパンは本当に味も抜群だし、見た目もきれい。
目標にするにはレベルが高すぎるパンですけど、もう少し近づけるよう、がんばります。

また、おいしいパンたべなくちゃ♪

[C799] まゆさんこんにちは

あの、、いつだったかしら、ニーダーの話題だったかしら?違ったかしら?フルーツの洋酒漬けの話題だったかしら、、でお邪魔して以来になります。

kojikoさんのとこで、時々覗いてくださっていると書いてくださっていてとてもうれしくなって飛んできました。

チュイール、この間初めて挑戦したのですが、
私こういう繊細なのだめ、苦手v-409
熱いうちに麺棒にまきつけて、、、
全部割れました!!!
焼き過ぎ?

私も好みのお菓子なのに出来上がりが納得いかない時は
色々調べて挑戦します。
それでもやっぱりどうにもできなくてちょっとほっておいてるのもありますけどねえ~
まゆさんのパンに対する探究心、すごい!

また来ますね~。

[C800] No title

>ぴよこさん
kojikoさんのところに出入りしている人って、探究心のある人が多いんでしょうか。うれしくなっちゃいますねー。

チュイールは、レシピがいろいろあって、作りやすいものとそうでないもの(すぐに硬くなるもの)があるみたいです。
私は卵白に溶かしバターを加えて焼くほうの、比較的簡単な作り方をしているんですけど、麺棒で型を作るのはやっぱり時間との勝負です。
簡単にやるには、細めのトヨ型にのせて冷ますのがいいんですけど、その細めのトヨ型・・・・どこにいったか(^^;

また近いうちに作るので、ちょっと試行錯誤してみます。
チュイールを作って、お菓子作りは随分下手になったと反省しているところです。

ぴよこさんのところはこれからも読み逃げ多数、でも時々はコメント入れさせてもらいますね^^

[C803] No title

流石プロっていうパンを焼いているパン屋さんに行けるのは幸せなことですよね。商売ではないので自分で作れば贅沢で美味しいパンを焼くことも可能ですが、ハード系はやはり技術が必要。たまに美味しい!と思えるパンが焼けることもありますが、ちゃんと修行した方のパンは「いつでも、失敗なく美味しく、美しい」ものなんですよね。日にちが経っても美味しい本物のパンが理想ですが、そうそうたどり着けないからこそ、パン好きであることが楽しいのだと思います。パン屋さんに行ったときのワクワク感とか、なくしたくないですよね~。

[C804] No title

>しのにぃさん
ウチの近所はまだおいしい、というか好みの合うパン屋を見つけていないので、まだあれこれ買いにいくことはまれだと思うんですけど、プロが作るパン、って思えるお店が見つかったら、定期的に買いに行くでしょうね。
その価値があるのなら。

自分で作るようになると、そういったのが見えてくるので、買って食べることは少なくなるんですけど、舌と目はものすごくこえるもんですね。

しのにぃさんの近所みたいに、パンの食べ歩きができるほどのお店がいっぱい見つけたいです(^^)
  • 2008-01-20 11:50
  • まゆ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/795-5027ce75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本