Entries

シリアルバーを作る

全粒粉入りシリアルバー

実はこれ、何度目かのリベンジです(^^;
毎日パンを焼くたびに作ってみたりしていましたが、ようやく形になるものができました。
初めはマシュマロを使った作り方の要領でマシュマロ作りからやってみたところ、べったりした形状のものが出来ただけ(涙)
卵白をあわ立てただけのものが常温で保存できるわけがないのだから、相当いろんな添加物が入ってるんだろうなー、と思ってマシュマロ作りからやってみたんですけど、メレンゲをゼラチンで固めてさくさくのものを作るというのは無理があったみたいです。(市販のマシュマロなら多分できるんでしょうけれど)

次にやってみたのはタフィーのように砂糖をカラメルにして、それに混ぜて固めるという方法です。
が、このとき自家製のピールを混ぜたのが原因で水分が飛ばず、カラメルが固まらなくて、やはりべたついたものが出来ました(^^;

で、その次はメレンゲを混ぜてゼラチンで固めるのではなく、焼いたらどうか、と考えてメレンゲを混ぜて焼いてみました。
結果、メレンゲ化することで、多少バターとの混ざり方はよかったのだとは思いますけど、固形分が多いのでメレンゲのさくさく感は残らず、イマイチのものが出来ました。

最後にやってみたのが卵の熱凝固性を使って全粒粉も混ぜた今回のもの。
あまり硬いと子供が食べづらいと思って、BPも少し入れました。
これも毎度の実験の要領で砂糖やシナモンを入れたものだから、甘みは少ないし、シナモンの風味もわずかしか感じられません。

毎度毎度、失敗したものを自分のおやつにするのも嫌だったので、カレースプーン2杯程度のミューズリーで作っていたものですから、今回も最初にバターと砂糖を溶かす段階でついごく少量に抑えてしまいました。
ま、これはこれで充分お昼がわりになる食べ応えのものが出来たので満足なんですけど(^^;

しっかし、こんな簡単そうなものなのに、長い道のりでした(爆)
春が間近なので、予定していた製作物もいい加減やらなくちゃいけないし、忙しいのにこんなものにつまずいていたんじゃ(^^;

さて、続きは育児サークルの話題です。
春になったらアカネちゃんにも友達を作ってあげるべく、私が外に積極的に出て行こうと思っていました。
今参加しているのは月に1回だけのものなので、もう少し回数の多いところにも入ろうと探してみたら、近所の育児サークルは3月で活動を終了させることになったことが判りました。

私の家の近所にはミニ児童館もあるんですが、ここは幼児解放はやっていないので、少し離れたところに車で通っています。町内には子供会がないので、どの家にどんな子供がいるのかも判らないし、知り合いになりようもなくて情報交換も難しい状況です。
なんとかできないものかと考えてはいるんですけどね。いきなり挫折した気分です(--;

子供が成長する過程で、子供同士の関わり方を早い時期に学ぶのはとても良いことだと思うので、どうにかしたいと思ってはいるんですけど・・・・。

こういうことは本当に育児をしてみないと判らない大変さですね(^^;
スポンサーサイト

コメント

[C827] No title

まーゆさーん、シリアルバー奮闘記、なんだか圧倒されてしまいましたです。
子供には(自分も)なるべく体にいい手作りのものを食べさせてあげたい、そして実践する、エネルギーいりますよね。でもそうやってつくったお菓子や食事はおいしいごちそう、こどもはいづれわかって来ますよね。
うちの小学校2年生の息子はなんだかうちのお母さんのお菓子は美味しいよってお友達に言ってるようなんです。
それをお友達のお母さんとかからちらほら聞いてこっぱずかしいながらもとってもほっこりうれしい気分になりました。
私の場合はおやつはいつも手作りお菓子というわけではなくて、
遠足の時や、ご褒美として(?)などの時に100円でお菓子買って来ていいよということも、、
でもきっと、いつもお菓子や食事を作ってるお母さんの背中は、子供見てます!
まゆさん、育児サークルも子供会もないとのこと、
大変そうだけど、、
まゆさんこのブログで発信してみたら?
一緒に育児しませんかって、、
どうだろう、、ますます大変だけどね。
勝手なことばーっと書いちゃいました、すみませーん。

[C828] No title

>ぴよこさん
子供がよそに自慢できるだけのものを、ぴよこさんは作ってますから。当然ですよ!
でも、うらやましいな(^^)

私はもともとフランス菓子から入って、ドイツ菓子あたりで満足してしまったんです。
シフォンケーキを作ることは、ごく簡単だからレパートリーに加えたといった程度ですし、太るからとデコレーションも基本的にしません(笑)
これじゃ、子供は喜びませんよね。

最近思うのは、外で食べておいしいと思ったから作ってる、っていうことが大事だということ。
一度食べてみると、何がおいしいと感じたのか分析できますし、そのイメージに近づくように作るのは簡単ですから。
今まで開拓してこなかったナチュラル系のおやつをおいしく作れるようになりたいと、最近奮起しています(^^;

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/805-72ca3638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本