Entries

自家製ジャムの酵母化

ルバーブジャム酵母

先日焼いたカンパーニュに使った酵母化した自家製ジャムです。
なんでこれが出来たのかは不明なので、あえてこの酵母瓶をアップで撮ってみました。

保存用のジャムを作るときには、必ず瓶を熱湯で殺菌します。もちろん、蓋の殺菌もしなくてはいけないので、熱湯を入れた状態で蓋をして、逆さまにして殺菌しています。
それから殺菌した瓶に、作りたての熱いジャムを詰めて蓋をして冷まします。

こうして保存したジャムのうちのいくつかが、ごくまれに、こういう酵母化をします。
蓋のへこみが膨らんでいて、中に泡が出来ていたらそれが酵母の印です。
どうして酵母ができるのか、まったく判らないんですが、私はこれを大事に大事にパンを焼くのに使っています。
いままでに酵母になったジャムは梅とこのルバーブのみです。
とはいっても、他にはラズベリーぐらいしか作りませんけど、ラズベリーの場合はソースのような状態で粘度が低いさらさらの状態にするので、それも関係あるのかもしれません。

種を継ぐことが難しいので、ジャムの状態でつないだらどうなるんだろう?なんて思ったりしているところです。ジャムを足したら酵母が延々つなげるような気がするんですけど?

もし、この酵母の出所を解説できる人がいたらぜひ教えていただきたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/812-9c06f6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本