Entries

クープナイフの比較

クープ

無駄とわかっていても尚、フランスパンの冷蔵醗酵を試し続けていますが、やっぱりクープの開きは甘く、内層も納得できるものはできません。
で、どうせうまくいかないのだし、と思ってクープナイフを二種類使い分けてみることにしました。

一つはこれ。


パンを焼く人ならたいてい知っている↓この本

の作者が愛用しているというウェンガーのナイフです。私も購入以来、ずっと愛用していますが、少し前にドンクのクープを入れる動画を見て以来、あのナイフを使ってみたいと思っていました。

おそらくこのタイプだろう、と思って買ってみたのがこれ。マトファーのものです。

バラで買っても数百円するので、けっこうな値段ですよね(^^;
実物を見たときにこれだったらスチール缶をカットして作れそうなんて思いがふと頭をよぎりました(笑)

使い比べてみて、同じ条件で作っている少し柔らかめの生地(通常の水分量)であってもウェンガーのほうはスパっと刃先が入るのに対し、マトファーのほうは引っかかる感じがしました。
向かって上のものがマトファー。下がウェンガーです。
ただ開いた程度にしか見えないクープと、下は曲がりなりにも耳が立ってるところをみると、やっぱりうまく入ったと思ったほうが形もきれいです。

フランスパンの冷蔵醗酵は無理だとe-パン工房さんでも書いてあることだし、そろそろあきらめて普通にやいてみようかと思っているところです。

・・・・せめて、納得のいく普通のバタールが焼けるようになってから挑戦します(笑)
スポンサーサイト

コメント

[C1026] No title

こういう比較もの大好きです(^m^)
私もナイフを考えていたので、とても参考になりました。
生地の発酵具合ももちろんだけど、クープの入れ方、そのクープをどんなナイフを使うかでも全然表情変わりますね!納得です。
今、私は、刃を先につけて使うタイプのものを使っているんですけど、次は、ウェンガーパーリングナイフにしようと思っています。スパッと切れるんだよね!
ただ、使うのに、コツがいるかな?って気がしてます。
変えたら変えたで、また練習しなきゃいけないかも。

ところで、↑のカンパーニュですけど、きれいですね~美人さん!焼き色もとってもきれいに出てる。
うわ~って画面に近寄っちゃいましたよ。
まゆさんのカンパおいしいんだろうな~


  • 2008-07-02 19:50
  • kojiko
  • URL
  • 編集

[C1027] No title

>kojikoさん
比較もの、私も大好きです(^^
マトファーのほうは、ドンクの動画を真似た位置関係で入れてみたので、ウェンガーのほうとは入れ方も違いますし、何より私個人の技能や感覚もありますからこの比較が参考になったのかどうか疑問ですけどね。

カンパーニュはkojikoさんの焼いているものを目指しているんですよ!
焼き色は特に意識してるかもw
カンパーニュのおいしそうな色ってありますからね(^^;

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/918-cc00f480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本