Entries

幼稚園選びのこと

アカネちゃんのプレスクール通いはずいぶん考えた結果、保留することにしました。
地域で唯一、低年齢の子供を週二日預かってくれるその幼稚園の評判が、あまりにも悪く・・・・まだ2歳になりたての子供を通わせるには早いと思ったからです。
私も本音はまだ、子離れしたくないのかもしれませんね(^^;

このところのアカネちゃんは、本当に天使のようです(^^)
こども○レンジの脅迫文(だと私は思ってるw)のように、悪魔の二歳児という雰囲気はまったくありません。
誰に似たんだか(!!)おでかけの時にはちゃんとおかたずけをして、挨拶もちゃんとします。
あのひどかったアトピーがほぼ治まって、ようやく周囲への関心を持てるようになったのかもしれませんが、食べ物に対しても少しずつ食べられるものの幅が広がってきました。

・・・・おいしくないものを食べた後は首を横に振ることも覚えましたけどね(--;

最近、周囲の子育てをしている人を見ていて、大変なのは4歳児だと思うようになりました。
特に、その時期に下の子が生まれた子は、ひどい荒れ方をするみたいです。
できるだけそういう子のいない場所で遊ばせるようにしていますけど、ずっと見守るほうが大変なので気軽に行き来できるママ友がとてもありがたい存在になってきました。

専業主婦を長く続けると、ニートと変わらない社会に必要とされていない存在になってしまうような気がして、あせる気持ちがありましたが、やってみるとそれなりに楽しいこともあるものですね。
もう少しの間、私とアカネちゃんは日中二人きりで過ごす日々が続きます。
近所で、大型犬2匹が興味津々でなめに来て飛びついたりしても大丈夫というママ友(+子)はこれからもどんどんふやしていきたいと思ってます。(←こういう人は、かなり貴重な存在です。私こそはと思う方はぜひ、ご連絡をw)

子供とずっと一緒にいるということは、また「あれこれ出来ないストレス」もたまるでしょうけれど、それも子供がいるおかげです。(←つまるところ、子供のものを何でも作ろうと思うからw)
そう思って、子供がいることに感謝しながら、おおらかな気持ちで子育てしていきたいと思ってます。

さて、実は私とアカネちゃん、今、太るために努力中(?)です。
私は、夏のあいだに夏痩せした4キロを少し戻すため、アカネちゃんは小食克服のためです。
痩せて腰痛がないのはとてもありがたいことですし、アカネちゃんが重くならないというのは、抱っこが楽なのでうれしいことですけど・・・・私、最近シワが気になってます。
年をとってから痩せるものじゃぁありませんね。コラーゲンぷりぷりのレシピを開拓しなくちゃいけないと思ってます(^^;
何かよいメニューないもんでしょうか。・・・・鳥の皮とか、苦手なものが多いのがネックです(--;
スポンサーサイト

コメント

[C1119] No title

今日はどもども。
短い時間でしたが楽しかったです。

うちの息子が4~5歳のころ、遅咲きの反抗期だったのか、すごく憎たらしい子供になったんだけど、義母が「道端の草でも憎い4,5歳児だから、気にしないのよ」と言ってくれて、救われた記憶があります。確かに…、それも成長の一過程なのでしょうね。
愛情のかけ方は人それぞれでしょうけど、
受け取る側の子供が、愛されていると感じられることが大切なのかな?そうすると、心も安定してくるんじゃないかな。常に余裕のある子育てがしたいけど…難しい時もあるよね~。
  • 2008-10-31 20:32
  • かんちゃん
  • URL
  • 編集

[C1120] No title

>かんちゃん
こちらこそ楽しかったです。
本当はもっとゆっくり話をしたいのだけど、まだ当分無理そうね、いずれまたウチにも来てください。

子供とあまりにもくっついていると、どうしてもストレートに怒りをぶつけてしまうことってあると思うの。
だから、幼稚園とか保育園に入れると、その怒りを抑えて、ちゃんと子供と向き合う(子供に伝わるしかり方を考えて物を言う)ゆとりができるようになるんじゃないかな、と思うのね。

私が幼稚園に入れたほうがいいんじゃないかと思う子というのは、母親が子供に向き合う気持ちのゆとりがなくなっていると思うから。
私の場合は、あまりにも周囲に頼れる人がいないからなんだけど。

もちろん、早い時期から他の同年代の子との付き合い方(物のとりあいとか)に慣れることはいいと思うけど、実をいうとそんな思いから、子供の早期集団教育は必要だと思ってるわけです。
まぁ、遠い昔に受けた教育学の教えに影響を受けていることも確かですけど。

なんで義務教育にしないのか、疑問に思うくらいよ(^^;
前頭葉の発達(人間らしさや思いやりの心とか)って、この時期が大事だというしね。

[C1121] 少し前に読んだ小説にでてきたんですが。

主人公が食べていた「スッポン鍋」。スッポンなんて魚介や鶏皮が苦手な私(内蔵っぽいのはとくに)には絶対に無理ですが、「残ったスープをお持ち帰りして翌朝雑炊にしたら最高!お肌もプルプル」という文章には釘付け。(爆)
それからずっと、スッポン鍋のお汁がほしかったんですが、そんなものあるわけない。(爆)
でね。今流行のお鍋だしパック、エバラの「コラーゲン鍋」を買ってみました。もうひとつ買ってみたいのは、ふじっこの「コラーゲンがうれしい 美人鍋つゆ」です。
お鍋に使うんじゃなくて、小分けして寒い朝に雑炊(おじや)に使ってみようと思います。卵をいれて。
まだ食べていませんが、脂っこくはないそうですよ。まゆさんもお肌の為に如何?

[C1122] No title

>しのにぃさん
今回の件では肌の調子を入念にチェックするよい機会になりました(^^;
もう5年ほど前になりますけど、近所の私より年下の人に高校生と間違われたこともあったので、自分が若く見られるという思い込みがあったんですよね。(その話を聞いたウチの夫は即座に「営業さんて、そこまで言うの?」と返してました)
この過信がいけなかったと・・・。

最近コラーゲンものに興味津々ですから、教えてもらったものが入手できるかどうか念入りにスーパーでチェックしてみます(^^;
ふじっこは塩昆布を愛用してますから、あるといいなー。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/971-ad146d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本