Entries

イーストの比較

長いことフランスパンには果敢にも挑戦を続けていましたが、イーストを変えたことが大きな変化につながったものですから、これは何かあるのではないかとずっと気になっていました。
で、いつもパンの材料を注文しているお店に、イーストについて質問してみました。

返答いただいたお店は札幌のアントルメさんです。
こちらのショップのパンの日にやっているいろんな比較ものは、パン作りが好きな人にはたまらないもので、そのレポートも興味ある方にはお勧めの内容です。

・・・以下抜粋・・・
基本的には大きな違いはなく、どっちがいいかは好みによるかと思います。
一番の違いは、「イーストの香り」になりまして、サフと比較するとフェルミパンは少ないので
イーストの香りが気になる方はフェルミパンを使われます。
V.Cに関しては、フェルミパンも100gタイプには入っております。
弊社でも焼き比べは行ったことがないので、あくまでお調べした内容に
なってしまいますが、サフに比べ、フェルミパンの方が若干しっかりした皮(クラスト)が
できるようで、中身はモチモチして、高さのある釜伸びの良いパンができ、
比べてサフの方は、皮(クラスト)はフェルミパンより薄めで柔らかく、
中身はフワフワフワッとした柔らかさになるようです。
高さ(釜伸び)に関しては、サフの方が控えめのようでして、サフは優しい食パン、
フェルミパンはしっかり食パン。というように使い分けをしている方も
いらっしゃるようです。
簡単ではございますが、以上でお返事とさせていただきたいと思います。

・・・以上抜粋終わり・・・
とのことでした。
とても丁寧な返信ありがとうございました。

普段私が使っているイーストはサフの赤ですが、これも説明にはリーンなパンに向くということですし、V.C.も入っているようです。

フェルミパンのほうは、というと、家庭用の100gのものにはビタミンCが添加されているようですが、そうではないサイズもあるようです。(ラインナップがよくわからない)


尚、こちらのフェルミパンがビタミンCは添加されていないもののようなので、パッケージをちゃんと確認して購入しないといけませんね。この点はサフのほうが判りやすいかも(^^;


こうしてインスタントドライイーストを比較してみても、自家製天然酵母並みに個性があるもののようです。サフの赤はハード系に向くもののようですが、やはりフランスパンにはフェルミパンのほうが向くみたいですね。

パン作りは本当に奥が深いですね。
今日のブログはちょっとした覚書きでした(^^;
スポンサーサイト

コメント

[C1124] なるほど。

参考になりました。v-10
ナイスタイミングでした。v-218
丁度今、冷蔵庫の中には両方のイーストがありますので、片方を予備扱いするのではなく、パンの種類によって使い分けてみようと思います。


[C1126] No title

>しのにぃさん
そうなんですよ。参考になる内容だったので、ぜひこの記事をアップしておきたくてアントゥルメさんには抜粋でアップする許可をいただきました。

ドライイーストも性格があると思うと、愛着を感じますね。
  • 2008-11-10 14:55
  • まゆ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayugojira.blog8.fc2.com/tb.php/974-28c8eb54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本