Entries

誕生日と七五三と生活発表会と

今月は大忙しの月でした。
月の頭から3週続けて週末の度に生活発表会があり(KEN、アカネちゃん、私の職場)、それが終わってようやっと

アカネちゃんの七五三を思い出しました

あーあ、って感じですね(^^;

昨年、数えでのお祝いを見送ったのは、KENがまだ生後半年で外出が大変だったこともあったのですが、おかげで今年は超がつく忙しさです。
今日は日曜参観日もあり、水曜日には写真撮影も残っているので気が抜けません。

そんな忙しいさなかに作ったのがこちら。
ボア付きショートパンツ
先日のショートパンツの生地違いですが、裾にボアを付けたくて作ったもの。なかなか可愛く仕上がりました。
これを作ったのは23日の夜中。自分の誕生日の前日にまで、娘の服を作ってるんだなって思いながら作ってました(笑)
まぁ、かわいい娘のためですからいいんですけどね。でも、七五三のお祝いを口実に、ケーキだけは買って食べました。あまりにもハードな日々で、たまには自分で作らないケーキを食べたくなったので。

娘は自分のお祝いだと思ってるので大喜びでした。

願わくば、石狩にケーキ屋さんが出来て欲しいと思います。普通のケーキを食べるために、シャトレーゼであっても札幌に行かないと店がないというのはちょっと大変です。(不二家ならあるんですがあまりイメージがなくて入ったことがない)
屯田(札幌)に出来るロイズのお店に期待をしたいです。割と近いので。

クリスマス会をはしごする

今年はピアノ教室のクリスマスコンサートといつも遊びに行くところのクリスマス会が25日にありました。
時間は午前、午後(夕方)とどちらも参加できそうだったので当然イベント好きな娘は参加したがり・・・結果、クリスマス会をはしごすることになりましたf(^^;

こういうとき、目立ちたい子です(笑)

私が用意したものは、お古でもらった真っ赤なコーデュロイのワンピースと、トナカイの角、サンタさんの帽子のピンです。
帽子は後から用意したので画像がありませんがこんな感じです。
トナカイのコスプレ
子供のうちこそこういう格好ができるのに、大人用のカチューシャタイプのものばかりしかなくて、ずいぶん探し回ったあげく、ヘアピンになっているものを発見しました。
・・・まぁ、大人になってもこういう格好をしたがる人っていますけどね(爆)
トナカイのツノ


これは幼稚園のクリスマス会でさせた格好でもあるのですが、やっぱり大人が見てかわいいと思うものだったようです。行ったとたん、

「かわいいー!」「作ったの?!」

と歓声が(--;
私だってたまには買うんです(笑)

このヘアピンの作られ方をまじまじと観察しながら、いつでもコスプレグッズを作れるよう、得たものは大きかった100均一グッズでした。

最近の洋裁のテーマ?!

ずっと母娘おそろいファッションを楽しんできましたが、これができるのも4歳ぐらいまでだったなー、なんて遠い目で思い起こしてます(笑)

5歳にもなると、もう全然そういうのに興味はなくなってしまって、自分が着たいお洋服に執着しています。
毎日プリキュア風のチュニックを着たがったり(さすがにおそろいでは作ってませんw)、その次はお古でもらったグレーのお嬢様風のワンピース、夏物を真冬に着たがるころもあります。

先日も欲しがっていた生地の服を仕上げましたが、それを今年着てくれるのかどうか・・・。

まぁいいんです。

娘の嗜好が予測できないので、幼稚園が始まってからは私の服作りに没頭しています。

キャミソールの型紙で作ったチュニック2枚目
ハーフリネンの小花柄の生地があったので、チュニックにしました。キャミソールの型紙だったので、ワンサイズ上の型紙で作りました。これで夏の服が1枚できました。

キャミソールの型紙で作ったハーフリネンのチュニック
ちょっとミントン風のさらっとしたサッカみたいな生地があったので、それもチュニックにしました。

まぁ、こういうのって数百円程度で半日程度で作れるから楽しいんです。もっと時間がかかるものだったら多分作りません(^^;

さて、アカネちゃんがずっと欲しがっている靴があります。
アキレスの「瞬足」というスニーカーなんですが、最近どうやら足のサイズが急激に大きくなってきたようで、ほんの数ヶ月前に買い換えた幼稚園のうわばきが、もうきついといって持って帰ってきました。

入園当初15センチ、昨年の秋に16センチにして、今日買ってきたのが17センチ。
ようやっとアカネちゃんがはけるサイズの「瞬足」を見つけたんですが、17だとすぐに履けなくなるかもしれないし、春先にもう一度検討しようと思います。北海道では冬の間はスニーカーは不要ですしね。

今年はとかく、春が待ち遠しいです。

南極観測船

家からさほど遠くない港に、南極観測船「しらせ」が来て、中を見学できるというので行って来ました。
私は旅客フェリーのヘビーユーザーでしたから、大人だけならたいして珍しくもないかと思ったのですが、何しろイベントや遊びスポットのない田舎町のこと。アカネちゃんには面白い経験だと思ったので、朝早い時間から出かけました。

遠いところに行く船なので、サイズは普通のフェリーと同じくらいなのかと思いましたが、ずいぶん小さめでした。
半分ぐらいでしょうか。
そして、さすがに遊戯施設のようなもの、大きな展望風呂だとか、アミューズメント施設はないので、質実な感じがしました。

子供向けにはグッズの販売と、南極の氷を触れたり、水兵さんの衣装を着て写真を撮るサービスもしてくれてたので、それなりにアカネちゃんは楽しんでくれたようです。

さて、私が見学していてすごく気になったことがあったので、スタッフの人にに聞いてみました。

「犬は乗らないんですか?」

「今は乗りません」

ちょっとくすっと笑ったような感じで答えてくれました。

だって、犬舎が見当たらなかったし、タロとジロのお話はあまりにも有名だし・・・・。

私と同じような質問をした人は他にも居ますよね?

私だけだったら嫌だなぁ・・・・。

BerryBerryに行ってみる

アカネちゃんが4歳にもなって、家からそう遠くないところにある子供服の専門店BerryBerryに初めて行ってきました。

普通、もっと早く行くところでしょうけれど、なにぶんお古を卒業した2歳ごろからは、私がずっと手作りにはまってしまっていましたのでA(^^;

子供が産まれて間もなくの頃はけっこう評判がよくて、その噂だけで「そのうち行き着けになるかも?」なんて思っていたんですけど、少し遠いところに移転したこともあって、ずっと忘れていました。

今でも、子供服売り場はほぼスルーしているので、行っておこうと思ったのは本当に奇跡でした。

初めて行ったBerryBerryは、黒と派手なピンクを基調とした、ラメやスパンコールの付いたTシャツが6千円ぐらいで売られているお店でした。

・・・・ちょっと私とは趣味が合わないようです(--;

ここでTシャツを1枚買う金額で、私が1年の間にどれだけ服を縫えるか考えたら、たとえ趣味が合ったとしてもちょっと買う気にはなれません。
昨日の三毛猫の服は、その後もう一枚袖が短めの重ね着風のデザインで作りました。そのほかに小物を数点作っても生地代800円ですから・・・。

まぁ、そのためにミシンを買ったり、作業の部屋が必要になったりはするんですけどね。

でも、子供に似合う(私好みの)服は、自分で作るのが一番だと再確認したお店でした(^^;

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本