Entries

学校教育では教われないこと

子供たちが野菜好きなので、料理の時間の半分近くは野菜を切ってるような気がします。
一番使うのはにんじん、ごぼう、大根です。
豆類は下の子は大好きなのですが、上は苦手。きのこも同様です。逆にトマトは下が嫌いで、上は大好き。枯れたトマトの苗からでもほんのり色付いたものを取ってきて食べてます(--;

それはともかくとして、上の子は2年生になったので、刃物の扱いを教えることにしました。

今の子はとにかく不器用です。私が新卒の頃に教えた子たち(中学生)はけっこう男子が器用だなー、と思ったのを覚えています。反面、今の子は不思議なくらい不器用です。
調理実習ともなると、怪我をする子も多いので要注意です。

刃物がうまく使えないから、と子供たちが手に取るのはピーラーです。これは案外危険です。失敗したときに、皮膚を削ってしまうわけですから、刃物の傷と違って止血が難しいのです。
けれど、包丁を使いたがらない。ピーラーが調理器具として当たり前に学校にあるのもどうかとは思うのですけれど。

私が子供の頃は学校で鉛筆を削ることを教わりました。
今は子供に危険にさらすことになるから、と学校では刃物を持たせることはほとんどありません。
鉛筆は電動の鉛筆削りで削るし、手で回すようなタイプですら今は少なくなりました。(ウチではなんとか手動のものを探して買い与えました)
そんな訳で、子供に危険があることは極力しない今の学校教育を鑑みると、刃物の扱いを教えるのは家庭しかないわけです。

ちなみに、私はあまりピーラーを使いません。
ごぼうの皮とかは包丁の背でこすれば済むし、そのほうが後始末が楽です。ピーラーは刃物の隙間を洗うことになるので、ブラシで洗うのがベターですし、刃のくもりを取るまで拭くのも面倒な気がしてしまいます。
ゾーリンゲンと貝印のピーラーを持っていますが、これを使うのはけっこうまれです。要するに、私は洗い物が嫌いなんです(^^;

包丁に慣れさせるために、私が子供に持たせているのは普通のペティナイフです。
おすすめはこちらです。


個人的に、ずーっと前から・・・独身の頃からこのシリーズは愛用していたのですが、関孫六の包丁は手軽で良いです。
鋼のずっしりした包丁も好きなのですが、独身の頃に愛用していたのはキャンプなどで使うには手軽なアジをおろすためのアジ切り包丁。

これは先に結婚した友人に話したところせがまれてプレゼントしたことがあるのですが、周りの友人たちに好評だったそうです。手入れを丁寧にできないアウトドアにはピッタリな1本です。

私が普通の包丁を薦める理由は、包丁の下の角が丸くなっている子供用の包丁の使い勝手が良いとは思っていないこともあります。じゃがいもの芽をとったりすることも、北海道においては大事なことなので(笑)安全よりもこの角の使い方をいずれ教えるためにも普通のペティを使わせています。

今はりんごは自分で剥くのが当たり前になってきた娘ですが、さて、このさきどれくらい包丁を使える子になっていくのか?

今後の成長をみたいと思っています。

世界でたった一つの・・・

子供のために何かを作るのは、日々の当たり前のことになっていますが、これは!というようなすごいものを作ることはまれなので(笑)なかなかアップするネタがありません。

今日はちょっと手の込んだものを作ったので久しぶりにアップします。
手作りのイチゴの髪ゴム
ただの髪ゴムなんですが、下にぶら下がっているイチゴはレース編みで作ったものです。
これだけで3日ぐらいかかるんじゃないかと思います(私は)。
だいぶ前につくり貯めておいたものなので、それを付けただけですけど。

最近くるみボタンの髪ゴムが流行りなので、ハギレを使っては作っています。
アンパンマンの顔だけのものとか、トーマスの顔とか。

子供たちには好評です(← 職場の)

くるみボタンのキットは100均一でも売ってるので、安上がりで個性的なものがたくさんできます。
娘と一緒に作れるくらい簡単なのも良い点ですね。

誕生日と七五三と生活発表会と

今月は大忙しの月でした。
月の頭から3週続けて週末の度に生活発表会があり(KEN、アカネちゃん、私の職場)、それが終わってようやっと

アカネちゃんの七五三を思い出しました

あーあ、って感じですね(^^;

昨年、数えでのお祝いを見送ったのは、KENがまだ生後半年で外出が大変だったこともあったのですが、おかげで今年は超がつく忙しさです。
今日は日曜参観日もあり、水曜日には写真撮影も残っているので気が抜けません。

そんな忙しいさなかに作ったのがこちら。
ボア付きショートパンツ
先日のショートパンツの生地違いですが、裾にボアを付けたくて作ったもの。なかなか可愛く仕上がりました。
これを作ったのは23日の夜中。自分の誕生日の前日にまで、娘の服を作ってるんだなって思いながら作ってました(笑)
まぁ、かわいい娘のためですからいいんですけどね。でも、七五三のお祝いを口実に、ケーキだけは買って食べました。あまりにもハードな日々で、たまには自分で作らないケーキを食べたくなったので。

娘は自分のお祝いだと思ってるので大喜びでした。

願わくば、石狩にケーキ屋さんが出来て欲しいと思います。普通のケーキを食べるために、シャトレーゼであっても札幌に行かないと店がないというのはちょっと大変です。(不二家ならあるんですがあまりイメージがなくて入ったことがない)
屯田(札幌)に出来るロイズのお店に期待をしたいです。割と近いので。

クリスマス会をはしごする

今年はピアノ教室のクリスマスコンサートといつも遊びに行くところのクリスマス会が25日にありました。
時間は午前、午後(夕方)とどちらも参加できそうだったので当然イベント好きな娘は参加したがり・・・結果、クリスマス会をはしごすることになりましたf(^^;

こういうとき、目立ちたい子です(笑)

私が用意したものは、お古でもらった真っ赤なコーデュロイのワンピースと、トナカイの角、サンタさんの帽子のピンです。
帽子は後から用意したので画像がありませんがこんな感じです。
トナカイのコスプレ
子供のうちこそこういう格好ができるのに、大人用のカチューシャタイプのものばかりしかなくて、ずいぶん探し回ったあげく、ヘアピンになっているものを発見しました。
・・・まぁ、大人になってもこういう格好をしたがる人っていますけどね(爆)
トナカイのツノ


これは幼稚園のクリスマス会でさせた格好でもあるのですが、やっぱり大人が見てかわいいと思うものだったようです。行ったとたん、

「かわいいー!」「作ったの?!」

と歓声が(--;
私だってたまには買うんです(笑)

このヘアピンの作られ方をまじまじと観察しながら、いつでもコスプレグッズを作れるよう、得たものは大きかった100均一グッズでした。

最近の洋裁のテーマ?!

ずっと母娘おそろいファッションを楽しんできましたが、これができるのも4歳ぐらいまでだったなー、なんて遠い目で思い起こしてます(笑)

5歳にもなると、もう全然そういうのに興味はなくなってしまって、自分が着たいお洋服に執着しています。
毎日プリキュア風のチュニックを着たがったり(さすがにおそろいでは作ってませんw)、その次はお古でもらったグレーのお嬢様風のワンピース、夏物を真冬に着たがるころもあります。

先日も欲しがっていた生地の服を仕上げましたが、それを今年着てくれるのかどうか・・・。

まぁいいんです。

娘の嗜好が予測できないので、幼稚園が始まってからは私の服作りに没頭しています。

キャミソールの型紙で作ったチュニック2枚目
ハーフリネンの小花柄の生地があったので、チュニックにしました。キャミソールの型紙だったので、ワンサイズ上の型紙で作りました。これで夏の服が1枚できました。

キャミソールの型紙で作ったハーフリネンのチュニック
ちょっとミントン風のさらっとしたサッカみたいな生地があったので、それもチュニックにしました。

まぁ、こういうのって数百円程度で半日程度で作れるから楽しいんです。もっと時間がかかるものだったら多分作りません(^^;

さて、アカネちゃんがずっと欲しがっている靴があります。
アキレスの「瞬足」というスニーカーなんですが、最近どうやら足のサイズが急激に大きくなってきたようで、ほんの数ヶ月前に買い換えた幼稚園のうわばきが、もうきついといって持って帰ってきました。

入園当初15センチ、昨年の秋に16センチにして、今日買ってきたのが17センチ。
ようやっとアカネちゃんがはけるサイズの「瞬足」を見つけたんですが、17だとすぐに履けなくなるかもしれないし、春先にもう一度検討しようと思います。北海道では冬の間はスニーカーは不要ですしね。

今年はとかく、春が待ち遠しいです。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本