Entries

ラグランTシャツを作る

ピンクのTシャツ
クラス替えがあって、見知らぬクラスメートと顔をあわせる新年度ですが、ちょっとショックなことを耳にしてしまいました。

「名前を知らない男子に男の子だと間違われた」

というのです。

アカネちゃんはけっこうかわいい顔をしていると親の贔屓目では思ってるのですが、なにぶん男の子みたいな格好ばかりしたがります。
そのせいだと思うのです。

髪もとかさないのでショートヘアーが定番になってしまってます。

で、ピンクを着ていれば間違われないだろうという判断で作ってみたTシャツでした。

最近土曜日は「家庭科の日」になっています。KENが水泳に出かけるので、ミシンや料理を母娘で楽しんでいます。
けっこういろんなことにチャレンジできる年になってくれて楽しみが増えました。
これで女の子らしいかわいい服を着てくれたら私の洋裁の楽しみも増えるんですが・・・。

女の子の楽しみの一つですからね。かわいい服を着せるのは。

アトピーっ子のためのズボン

アカネちゃんはアトピーがあるので、ひざの裏が隠せるズボンばかり好みます。
よく着ているアイテムは足首まであるスパッツとショートパンツという組み合わせです。
でも、この組み合わせは夏にはとても暑苦しいです。スパッツは涼感仕様のものとかもありますが、見た目がやっぱり真夏はどうかと思ったりするので、北海道に住んでいたことをありがたく思ってます。(夏が非常に短い・涙)

ひざ下丈のガウチョパンツとかも作ってあげたことがあるのですが、あんまり着てくれないので、長ズボンがベターな落しどころかと思って作ってあげることにしました。

で、作ったのがこの2本。
デニンスとショート丈のパンツ・ハンドメイド
ひざ下丈のデニムと足首までのデニンスです。(パターンは一緒)
ひざ下丈のカラーデニムとかも良いのですが、生地があまり売られていないのが残念です。
カラーデニムに似た生地だとカツラギとかもありますが、これだとストレッチが効きません。パンツに使う生地は最低でもポリウレタン1%は混紡でないと使えませんから。

先日サンキで茶色のストレッチ生地を見つけたときには、

「!」

と思ったのですが、生地の組成がわからず店員さんに質問してしまいました。
商品には「カラーデニム」としかなく、生地の色が茶色。水通しするようにと書かれているし、生地はどう見てもヘリンボン。
ストレッチの具合からはポリウレタンが入っていることは判るのですが、ちょっとアクリルっぽくもあり、毛が入ってるようにも見え・・・?
洗濯がちゃんとできるかどうかだけは知っておかないといけないので聞いたところ、メーカーに問い合わせて確認してくれました。
(謝)

回答では綿とポリウレタンということでしたが、水通しはいらない生地だということなので、後日買いに行くつもりです。
(念のため、買った後で燃焼実験で組成の確認はする予定)

今回作ったものは少し生地が厚手なので、薄手のカラーデニムを探そうと思ってます。
いいのが見つかるといいんですが。

お誕生日のケーキ作り

3月の終わりはKENのお誕生日もあり、長期休暇中の子供たちと(大人は)忙しくすごしています。
今年のバースデーケーキは母の好みによりシフォンケーキとなりました。
型に入ったシフォンケーキ
今年は紅茶がいろいろあったので、ウェッジウッドのアップルティーを中に入れて焼きました。
アップルティーはウェッジウッドが一番おいしいと思ってます。

シフォンケーキとトッピング
そして、それを型から外して、あとは子供たちにデコレーションを頼みます。
イチゴのケーキ
生クリームを絞るところとちょっとした仕上げを手伝って完成。
名前のプレートとかはまだ子供には難しいのと、生クリームを絞るのも難しいのでその辺は手伝いました。

これだけのケーキを食べたおかげで夕飯はエビフライの予定でしたが少し軽めにすませることになりましたが、子供たちは満足したようです。

KENの場合、生クリームとイチゴがあればいいので、シフォンケーキにした母の選択は正しかったと思います(--;
アカネちゃんは喜んで3切れ食べてました。

お泊まり会のためのパジャマ

もうすぐ年長さんになるKENはお泊り会が楽しみで仕方ないようです。
年長さんから聞いた話をいろいろとしてくるので準備を早めに考えてパジャマを作りました。
腹巻付きパジャマ
この生地は1m190円という破格の値段で買ったB反です。
どこかしら糸のよれみたいなものがあるということでしたが、使っている分にはまったく気になりません。
リップルがきいているので夏物なのですが、そこそこ使えています。

おなかの部分は腹巻のようにまた上が少し深くシャーリングを入れています。
ボタンは一つおきにボタンホールの色を変え、対になるボタンの付け糸とあわせるようにしました。
袋は要らないというので、ありあわせのものを流用することにしました。
お泊り会には袋やバックがけっこう必要になったと思うので、バック類も少し考えておこうと思ってます。
いずれ小学校でも手提げ袋はいろいろ使うことになりますから。

ブラウスのお直しとフォーマルブラウス

先日、上級生を見送るために卒業式で在校生も「それなりの格好」をするように学校のほうから言われてなんとかそれっぽいものを用意しました。
よせあつめフォーマル

が、ブラウスはだいぶ前に作ったもので、確か幼稚園の年長あたり・・・。細身の娘でも袖は少し短くなっていました。

そこで、140センチのブラウスとは別に、前日になって袖だけ直すことにしました。
これもまた夜なべ仕事です。(眠い・・・)

で、直した画像がこちら。
丈を伸ばしたブラウスのそで
アイロンもかけてないのですが、元の作りは三つ折りしてゴムを通して絞ったという、かなり適当な作り(笑)
あまり技術がなく、襟を作るのに精一杯だったころのものなので、ほどけばその分袖の長さは確保できます。
その状態にカフスを付けるためのスリットを入れ、カフスを付けました。
これでしばらく使えそうな感じです。

ブラウスを作るのにカフスは避けて通れないものなので、いろいろ調べてまずは練習にお直しをしてみました。
それで何となく判ってきたので次は本番です。
ハンドメイドフォーマル用ブラウス

今までのブラウスは綿100%のカットクロス100円ぐらいで売られているようなものでした。それで1mぐらいあればバイヤスにも使えるし、ゼッケンだとか名前付けに使うただの白い布としても使えるし、ズボンのポケットとかにも使えるのでストックしてました。

そんな生地を使って作った100円ブラウスに600円ぐらいするストーンのアイロンプリントをつけていたのですが、今度のは違います。

ブラウスの生地は基本、ポリエステルの混紡を選んで買うのですが、それには理由があります。
こういう生地だとしわになりにくいんです。
お店で買うときにはT/Cブロードとか言うようです。
それで作ってあげたちょっといいブラウスです。

中学校に入るまで、これを使ってもらえるといいのですが。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本