Entries

ラピュタの飛行石を作る

天空の城ラピュタは私が好きなアニメの一つです。
空を飛ぶとか、重力の法則を無効にする神秘あふれる飛行石はけっこう欲しがる人も多いようです。

スタジオジブリのオフィシャルグッズにもあるみたいですね。

あの呪文を唱えると点滅してくれるというすごいものらしいですが、私はやっぱり欲しいものは作ってみたいのです(笑)

粘土とマニュキア、レジンで作った飛行石
物づくりの流行からすると、レジンで作る人が多いようなのですが、シリコン型がイマイチな形なので気に入らず、王道からそれたやりかたでやってみることにしました。

飛行石の質感はラピスラズリのようなイメージ。それなりに重みがあったほうがいいと思って、重みの出る石粉粘土を心材に選びました。
これに針金のとめ具を作って埋め込んで成型します。
乾くのを待って、紺のマニュキアで下地処理して乾かします。
さらに蓄光粉を混ぜながらラメの水色っぽいマニュキアを重ねて塗ります。

そこからはオットにも協力してもらって王家の紋章をデザインカッターで切り出してもらい、それに金のマニュキアと金の粉をまぶして貼り付けます。

さらに表面にレジンをコーティングして日向干し。

暗いところでもしっかり光るペンダントトップが完成しました。

あとは紐を付けて完成です。

今年はハロウィンパーティがあるのかどうかわかりませんが、昨年作ったこれ

魔女の宅急便の衣装
に合わせてむりやりシータになってもらおうと思います。
ジブリばっかですけどね。
スポンサーサイト

小学校入学準備

北海道のことはかなり詳しくなった在住17年目。
最近になって小学校のトレンドというのをいろいろと知りました。(卒業式の袴とかもそうですね)

石狩市に隣接する小樽市では

ナップランド

というランドセルの変わりに使われるリュックのような通学かばんがあるそうです。
画像リンクを貼ることはできないので、楽天で似たようなものを探してみるとこんなのがありました。



でも、こんな高い値段じゃなくて、7千円ぐらいで買えるのです。
学校の校章まで入れられるというあたり、既に学校指定っぽい感じまでします。

気になった人はググってみてください。直販サイトがあるようです。

石狩市ではまだそういうものを使っている子を見かけませんが、今の小学校のランドセルって本当にいろんなデザインがあります。子供の使い勝手を考えたら軽いナイロンの通学バックというのは良さそうな気がします。
神奈川出身の私からするとキタムラのバックのようなジモティっぽさが感じられていいなー、と思ってしまいますね。

エプロンや三角巾の類はもうだいぶ出来てきているので、あとはノートや筆記用具の類の用意ぐらいです。
買い物を早くしておかないと名前付けが大変になるので、早めにと思ってはいますが、まださすがに余裕。作り物が終わっていればさすがにあせることはないと思うんですが。
フォーマルもあるし、上靴もOK・・・何か忘れてるものがなかったかと記憶を掘り起こしてます。

のど元すぎると本当に何でも忘れるもんですねf(^^;

前田森林公園散策

まだ自転車に乗れないKENがいるので、買い物に行く途中に寄れる前田森林公園に車で立ち寄りました。
ここは長い水路があり、その先には少し高台になったところに藤棚があります。
この藤棚がそろそろ咲き始めるのではないかと思い、見に行きました。
水路
水路の先から見る手稲山
水路の先端
高台の上から見るとこんな感じ
息子とオット
息子とオットは私が作った帽子をかぶってます

この公園は春には桜が咲くエリアもあり、今はライラックや遅咲きの桜やりんご(たしか姫りんご)の花などが咲いています。
もう少しすると藤(これは藤祭りもあるのでけっこう名物らしい)、バラなども咲きます。
けっこう季節ごとに訪れると楽しい公園です。

給食用エプロン追加制作

ハーフリネンのエプロン
すみっこぐらしのエプロンはかなり気に入っているようですが、我が娘ながら、あきれることに洗濯に出すのを忘れることがあります。
さすがに洗わないものを持たせるのは嫌なので、少し前に使っていたものを持たせるのですが、それがつんつるてんなことに気づきました。

チビでもちょっとずつ成長はしているんですね・・・。

で、予備を作っておくことにしました。
すみっこぐらしのものよりも10cmぐらい長めにしたのでしばらくは使えると思います。

この生地はハーフリネンで、ディズニープリンセスのシルエットという、ちょっとシックな感じのデザインです。
ハーフリネンは丈夫かつ味わいがあるので買ってみたものの、柄が大きめだったので、幼児のアイテムを作るには柄の出方が微妙でした。
ようやっと柄がバランスよく見えるサイズに娘が育ち、ピンク以外のカラーを着る年になって出番が来た生地でした。

この程度なら作らせてもよかったかなぁ・・・、と思ったのですが、ちょっと急ぎだったので仕方がありません。
次は自分でやらせようと思います。ミシンは好きみたいなので、ちょうど良いと思います。

娘の居ぬ間のコスプレタイム

イマドキの小学校は、卒業式に袴を着るのだそうで、袴についていろいろ調べていました。
写真館で借りると、1万円ちょっとぐらいなのだそうですが、ネットで調べてみるともっと安く買えるものがいっぱいあるんですね。
これは私が学生時代もそうでしたけど。
写真館でレンタルの場合、写真代がある程度大きな額になれば無料になるようですが、デザインによっては争奪戦でかなり希望とは違うものになる確率が高いそうです。(そして、前金で1年前からの予約となるそうです)

そんなことでうんざりしていたら、ちょっとレトロっぽくて、お値段抑え目な袴を発見。
この時期だからでしょうね。サイズが限定でしたがそれはぴったりでしたし、あわせる着物は家にいくらでもあったのですが、ポリエステルの着物も気軽に着れていいから、と一緒に買うことにしました。
それでもレンタルより安いんですから。

で、届いたものはさっそく点検。
娘が帰る前にコスプレタイムです(笑)
袴
着物は裾の長さはどうにでも出来るので、私が着れるサイズのものにしたのですが、袴は小さめとはいえ、けっこうぴったりに着れてしまいました。ブーツに合わせる場合には短めを、とは言いますが、草履でいけそうです。

「娘時代に帰った気分」を味わいました(笑)

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本