Entries

髪飾りを作ってみる

まだあと1年ちょっと先のことですが、アカネちゃんの卒業式に付ける髪飾りを作ろうと思ってました。
既に袴と着物は買ってあるんですけどね。
今の小学校の卒業式が袴っていうのは全国的な流れなんでしょうか。

で、作ったのがこちら。
つまみ細工のヘアピン
ちりめんは100均一で揃えて、紐はお守り作りでそろえたものを流用。(適当に切ったら短すぎて使えなかったやつw)
ビーズはアカネちゃんのストックから、花弁のペップは昔アートフラワーをちょっとだけやってみたときの残りです。

実は先日、アカネちゃんに

「もうお母さんが作ったのは嫌」

と言われました。
とうとう来たか! と思ってふふん。と思ってたんですよね。

で、今回こんなものを作ったので見せたら、「かわいいー!!」なのですよ。

「お母さんが作ったのは嫌なんでしょ、買うか自分で作るかどっちかにしなさい」

といったら、

「これ何円?」

と聞くんです。

「・・・・500円かな」

と言ったら、


「じゃぁ、それ買う」


だそうです(爆)

私も楽しかったし、娘と一緒に作りたかったんですけどね。

もう少し華やかでもいいと思うので、他にも作ってみようと思ってますが。
それに、卒業おめでとうバッチの類を付けるのであれば、帯から垂らす布みたいなものを用意しないといけないのかな?と思ってます。ハンカチでも良いと思うんですが、(キャラクターハンカチはNGだと思うので)それも何か考えておこうと思ってます。

さて、昨日は児童館で獅子舞を見てきました。
獅子舞
毎年頭をかじってもらうんですが、今年はどうしようかちょっと迷ってました。

何しろ前職の関係者が集まるところなので(--;

でも、辞めたことには後悔はまったくありません。

息子に習い事をさせたいので土曜日は休みたいという希望を言ったところ、上層部の人に「月に何回かしか仕事がなくなる」と言われましたし、長く居る人は有給を使って研修に行くように言われてました。私も有給の日に仕事をすることが何度かありましたが。
(現場では土曜休みもOKだと言われていたんですが、どうやら雇用保険の関係で週6日働かないと何かあったらしい)

有給で働いたり研修に行くという点は明らかに労働基準法に違反しています。何でも石狩市が直接雇用していたときはそうではなかったという話なので、労働環境はどんどん悪くなっている様子。
こういうところって一旦悪くなるとどんどん劣悪になるのが通常のパターンです。組合がないというのが一番の原因なんでしょうけどね。

なので、昨日は親しくしてもらった人にはちょっとだけ挨拶をして、今の仕事の話もしてきました。
「私なんて何の資格もないから・・・」なんて言われるので、「私も今は何の資格も使ってないし」とは言ったんですけどね。

時代は引く手あまたの雇用環境になってきてるのは事実のよう。

お昼代も出してもらえるし、昼休みも時給を付けてくれてるし、午後3時以降の適当な時間で上がれるから夕飯を子供に作ってやれる・・・。これが子育て中にはどれだけ恵まれた環境かを実感している職場です。
会社に貢献できるよう、今年は少し仕事のほうもがんばりたいと思ってます。

初売りに出かける

別に初売りで何を買うというわけでもなかったんですが、たまたまチラシを見たところ、アカネちゃんの絵が載っていたのでこれはゲットしてこなければ、ともらいに行ってきました。

全国児童画コンクールのチラシ

スーパーのチラシをこんなにも有難くもらってきたのは初めてです(笑)

アカネちゃんの場合、日ごろは本当に𠮟られることばかりの子です。生活習慣というのが出来ていないのでそういう点で注意されることが多いんですよね。毎日のように何年も言い続けてることがたくさんあります。

そういう子を褒めて育てるっていうのはとっても難しいです。
まぁ、そもそも私は褒めて育てるという教育理論には真っ向から反対ですが。
(※褒めればそれで満足するだけ。悪いことをして褒めたら繰り返す。出来ないところを努力した結果にこそ、その結果が悪くても「褒める」べきだという理由です。そして褒められることが慢性化すると、社会人になってから挫折しやすいと思ってる。)

学校の勉強はまぁまぁ出来るほうですが、それも課題として与えられたら「それに対して努力をする」という姿勢はほとんどなく、できるかぎりサボる子です。高学年になって、それではそろそろ満点はとれなくなってきていることから少しは努力をする姿勢を身に着けてほしいと願っているくらいの子。
そのくせこういったコンクールの類では入賞をしてたりするのが不思議なんですよね。

いわゆる天才肌っていうんでしょうか。躾でどうこう出来る子ではないというのを最近になってわかってきた気がします。

親としては結果ではなく、その過程で努力したかどうかで褒めてあげたいんですけどね。


さて、年賀状の出しそびれを出し終えて、友人たちの子供の成長を想像しています。私の友人にはDQNネームの子はいないんですが、なんと、いとこの子が昨年のDQNネームの1位に輝く名前です。(叔母は「すっごく珍しい名前なの」と喜んでいましたが)
一般的な名前になるといいなーと願っていたりしますが、DQNネームでもちゃんと就職している人もいるのでネット民が騒ぐほどのものではないのかもしれません。
ちなみに「ちゃんと就職している人」というのは息子の幼稚園の先生。親が海外でも有名な日本アニメの主人公と同じです。ちょっと前まで居たパート(かな?)の先生も世界名作アニメに出てくる女の子の名前でした。
「大手」では採用されなくても、零細幼稚園では一応採用されているようです。

ちなみに、私はそういうDQNネームよりも「トム」とかいう発音になる名前のほうが不思議に感じます。
外国では聖人にちなんで名前を付けることから通称は「トム」でも本名は「トーマス」とかだったりしますよね。「ビル」が「ウィリアム」だったり。
外国人が「キムタク」という名前をつけているようですごく違和感を感じます。(苗字も入ってますが良いたとえが思いつかなかった)
そう感じるの、私だけですかねぇ。

今年のおせち

明けましておめでとうございます。
今年のおせち
例年通り今年もおせちの画像で新年のご挨拶です。
おせちの一部


ま、いつもどおりの伊達巻を作って煮豆を煮る程度のおせちなんですが、今年は大きめのお重を使うことにしたので、ランチマットを小さめのものを急遽作りました。お正月っぽく和風の柄です。お正月ならそれこそアムンゼンとかツムギクロスみたいな高級な雰囲気の布にしたかったんですが、ただのブロードです。急遽買いに行ったので仕方がないですね。

ご近所の家から毎年届く飯寿司もちゃんとスペースを空けて待っていました。この家の飯寿司は鮭をベースにしているのですが、私が唯一食べられる飯寿司なんです。
他の人が漬けたものも食べたことがありますが、とても口に合わなかったので、ずっと食べようと思わなかったんですけどね。
近所に名人がいたおかげで、食わず嫌いが一つ減りました。

2018年もいろんな物づくりをしていきたいと思ってます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

小樽観光

大掃除をしなくてはならない時に、唐突に現実逃避に走ることにしました。

行き先は  小樽

つい先日職場の人にルタオの新作の話を聞いて、食べたくて仕方がなかったのと、干支飾りがやっぱり小樽で探したかったなーと思っていたので、それを果たすことにしたわけです。

ルタオというと、やっぱりこれが有名です↓



一度オットが誕生日に注文してくれたのですが、チーズケーキが大好きな私には大抵のものはおいしいのであまり記憶に残らず。
でも周囲の評判も確かなものなので、東京へのおみやげには可能であればこれを買いたいと思っているものです。

今回食べたかった新作というのはこれです。



買ってきたんですが、写真がきれいに撮れないので画像をお借りしてます。インスタとか私には無理ですねw

それはともかく、中のクリームが紅茶 という点、

外側はラングドウッシャという点から私の好みであることは確か。(ヨック・モックのシガールが私の好きなお菓子です)

で、見た目は「黒い恋人」なんですが買うためにはるばる小樽まで行ってきました。まぁ、札幌の大丸にもお店は入ってるらしいですが。

味はかなり香りの高い紅茶のクリームで期待を裏切りませんでした。確実に私の好きなお菓子のリストに並びました。
お正月の間に大事にいただきます。

さて、もう一方の目的の北一硝子ですが、こちらは写真撮影禁止で写真は撮れませんでしたが行くだけで見るだけでも幸せな気分になれます。
ここでも周囲を気にせずに派手にポーズをとって写真を撮っているアジア系外国人はあちこちにいましたけど(笑)

で、帰ってきた後、玄関飾りは少しだけグレードアップしました。
玄関アフター

「戌」の立て札ですw

 ※一応、いろいろ買ったんですが、オットと息子、私と娘は干支が一緒なので、その立て札だけは立てようと二つ買い、辰のほかいのししの硝子細工は購入しました。かわいい気に入ったものがあったときに少しずつ集めていこうと思ってます。

来年は犬の年!

年末の準備に入る我が家では、今年は力の入れ方が違います(笑)

なにしろ私の大好きな わんこ の年です。

昨年はたまたま私が持っていた鶏のガラスの置物があり、そういえば酉年だし、ということで干支飾りにしていました。(しかも夏ごろに気づいたw)

来年のものがないかとずっと探していたのですが、なかなか見つからず、年末になって干支飾りとして売られていたものが気に入って買いました。
玄関飾り

お正月は何となく和犬のイメージ・・・柴犬とか甲斐犬みたいなイメージなんですよね。
もしくはももちゃんかタロみたいなガラスの置物があるといいなー、と思っていたんですが、さすがにミックスの犬の置物はむずかしく柴犬っぽい干支飾りになりました。
お正月の縁起物ということで、いろんなものが売られていてふくろうの置物、まねき猫の飾りまで購入してしまいました。

ガラスの犬たち
まねき猫は豪徳寺が学生時代の思い出の土地、ふくろうは父が好きなので。(豪徳寺はまねき猫の発祥の地です)

だんだん縁起物の好きなおばさんの居る家になってきてる気がしますが・・・・。

今年は戌年なので、正月明けには職場の犬を見に行こうと思ってます。今の職場、気に入ってるのは大きな犬を飼ってるからという訳ではないんですけどね。・・・・理由の一部ではあります。

Appendix

ブログ内検索

おすすめ

お気に入りの本